カテゴリ:西国三十三箇所( 5 )


お久しぶりです。

10月3日

こんばんは。
久しぶりのUPで~す056.gif056.gif056.gif

もうめっきり秋の気配が感じられるようになりましたね。
体調の方は・・・・まだまだ「すっかり、いいよ~~~」とは言えないのですが、
上手く付き合って行くしかない持病・・前向きにガンバです。

10月1日は主人の誕生日でした。満64歳で~す024.gif
その日は、前日に高校の友人からメールが入り、久しぶりに集まれる子たちで
昼食しませんか?とお誘いがありました。
難波パークスの厨花という中華のお店で食事会をしました。
集まったのは6人、15年ぶりに合う子もいました。
会えば、すぐ高校生に戻って盛り上がります。。071.gif

お昼は同級生と食事会で中華。。
実は主人のお誕生日会の予約も百楽という中華のお店。
えぇ~~昼も夜も中華か~~~?
なんて思っていたら、主人がじゃ~焼き肉にしようと言う事で
百楽さんには悪いのですが、キャンセルして焼き肉となりました。
どちらにしても、また太る事は間違いないな~~008.gif

10月2日~3日は、随分休んでいた西国33ヵ所いよいよ大詰。
前日は藤井寺と和泉市のお寺へお参りし
その夜は、じゃらんネットで予約しておいた勝浦のホテル浦島で一泊で~す。

主人と車で行く時は、全てじゃらんで予約するので、点数もたまるのでお得です。
今回は2,625点分使用できるので2,625円お安くなりました~。

前日の槇尾山は登りの階段がきつくて、1時間弱の山登りには参りました。
何でこんな山の上にお寺を建立するんや~~??これも修行ですか??
もう足はパンパンガクガクです007.gif042.gif

その夜は浦島の温泉でゆっくり癒されました。
ホテルへは船で渡ります。
b0187737_0112099.jpg


島に建てたホテルなので、温泉も忘帰洞や玄武洞と言って洞窟の中に
作ったお風呂です。
この日は波がきつくて“ざんぶ・ざんぶ”と寄せる波は迫力があり
怖いようでした。

忘帰洞(写真はお借りしました。)
b0187737_23584685.jpg



翌日も朝から温泉に浸かり、9時に出発です。
いよいよ最終の1番札所の那智大社青岸渡寺へのお参りです。

b0187737_0121348.jpg


那智の滝が遠くに見えます。
b0187737_0123383.jpg


御朱印帳とおいづる。
b0187737_013434.jpg


これで33ヵ所のお参りは終わりです。
あとは、満願のお礼参りに長野の善光寺さんへお参りして最後になります。
来年、行きたいと思っています。
[PR]

by yuihinarionyuzu | 2010-10-03 23:00 | 西国三十三箇所

西国33箇所。。二日目。。

9月13日(日)

今日は晴れと言う天気予報だったんですが、なんだかどんよりしています。
ホテルを9時に出発。。天橋立には、私達は3度くらい来ていますが、
弟が初めてだと言うので観光することに。

まず傘松公園にリフトで登りました。
又覗きで有名ですよね。4人で交代で又覗き・・・クラ~としました。

b0187737_2325520.jpgb0187737_2351087.jpg








下りはケーブルカーです。
天橋立公園を少し散歩、松林を吹き抜ける風が心地よかったです。

兄弟3人で記念撮影。。どうぞ~~~。。
b0187737_23135110.jpg


さあ~さあ~、先が長いんだから、ここでゆっくりしてられないよ~ということで
先へ進みます。
伊根の舟屋も私達は、数年前に来ていますが、姉も弟も初めてだというので
回りました。
家自体が海の上に建っていて、船は家の中のガレージへ収納。
上手く考えたものですね。
海の上に連なった家々が、素晴らしくてまた、いっしゅ不思議な景観を見せてくれています。
この海辺の町はのんびりと時が進んでいくようです。
b0187737_23224769.jpg


は~い。いつまでもそんな干渉に浸ってたれないよ~。つぎへつぎへ。。

伊根を出発したのは、12時過ぎてました。
お昼もSAで済ませて一路、三田の花山院へ。
このお寺は、番外となっています。

西国番外
東光山 花山院(菩提寺)
b0187737_23492136.jpg


このお寺は、札所巡礼の中興の祖と仰がれる花山(かざん)法王が晩年を過ごしたお寺として有名。
海抜400メートルの境内からは、有馬富士・六甲山・播州平野がゆったりと広がる。

西国33箇所には、番外のお寺が3ヶ寺あります。
なぜ番外なのか?なぜ36ヶ寺ではないのか?不思議でした。
この3ヶ寺のお寺の、菩提は観音様を奉っていないそうです。
西国33箇所は、観音様を奉っていたんですね。知らなかった~。
ひとつ賢くなりました。

今回は2ヶ寺だけでしたが、まだ、京都方面。大阪方面。滋賀方面。が残っています。
涼しくなったから、少しずつ行きたいと思います。
京都には、電車とバスを利用しようと計画していま~す。



b0187737_013113.gif
b0187737_021592.gif
[PR]

by yuihinarionyuzu | 2009-09-15 23:57 | 西国三十三箇所

西国33箇所。。

9月13日(土)

今回は西国28番札所。成相寺(なりあいじ)にお参りに行きます。
場所は天の橋立の近くなので、日帰りではしんどいので一泊で~す。

メンバーは、最初、主人の姉夫婦と行く予定でしたが、義兄が急用で行け
なくなったので、急遽、主人の弟がピンチヒッターで参加してくれました。

今日は生憎の雨で、自称晴れ女の私も形無しです。
008.gif

難波駅へ姉、弟を迎えに行き、9時半出発!
道路もスムーズで、SAで何度か休憩しながら、宮津へ到着は昼ごろでした。
お昼は地元のおすし屋さんで、にぎりを食べて、美味しいかった~。

さ~て、目的は28番札所、成相寺で~す。

成相山 成相寺
b0187737_0323399.jpg


寺伝によれば704年(慶雲元年)、真応上人の開基で、文武天皇の勅願寺となったというが、中世以前の寺史は判然としない。
2007年(平成19年)、高野山真言宗から独立し、真言宗単立系寺院となった。


寺は天橋立を一望する成相山(569m)の山腹にあるが、創建時は山のさらに上方に位置し、
修験の道場となっていた。現在地に移ったのは1400年(応永7年)の山崩れ以降である。
山号は古くは「世野山」と称し、雪舟の『天橋立図』(京都国立博物館蔵、国宝)には、
「世野山成相寺」の書き込みとともに当寺が描かれている。


かなりカーブのきつい急な山道を、登ります。
毎回、お参りに行って思うことですが、昔の人は急な舗装もされていない山道を歩いてお参りされたんだな~と感心させられます。
車で楽々登ってお参りする私達は、如何なものなんだろう?罰が当たりそうです。
047.gif

山上からは、天気が良ければ天橋立も見れるそうですが、この日は霧が掛かって残念。

このあと、今日は雨も降ることだし、ホテルに行くことにしました。
ホテル到着が2時半頃で、チェックインは3時ですが、快くお部屋に通していただきました。
このホテルは、会員制のホテルで、私が東大阪の会社に勤めていた時の会社が会員権を持っているので、今でも勤めている友達に、年に一度位、頼んで予約してもらっています。
ホテルは全国にあるし、お料理が創作料理でとても美味しいと評判です。

この天の橋立は始めてでしたが、ホテルの前が海で、天橋立が見渡せる
素晴らしい景観でした。


b0187737_0343792.jpg


温泉に浸かって、夕飯まで楽しいひと時、話も弾みました。
主人の弟はとても面白くて、主人と漫才やってるみたいなんですよ。

夕食は6時から、もうお腹もペコペコで、待ちきれなくて5分前にレストランへ行きましたが
席に案内してくださいました。もう、みんな子供みたいですね。

まずは、席に着くと目の前には、こんな綺麗なの・・・・。
秋の風情ですね。
b0187737_0351321.jpg

イガは素麺を細かく刺してあって、イガぐりに見立てています。中は本当の栗が甘めの味付けにして入っていました。手間が掛かるでしょうに005.gif

このお刺身も、なかなか風情があります。刺身のつまは、けんではなく大根を薄切りにしてさらしてあるので、しゃきしゃきした食感が新鮮でした~。
b0187737_0415711.jpg


極めつけは、これです。始めて食べたよ~。。
b0187737_0453490.jpg


見た目はただのグラタンなんですが、な、なんと中身はイチジクが入ってるんです。
聞いた時、違和感がありましたが、ひと口食べて、もう私目は虜になっちゃいました~。
実は私目、イチジクは大の苦手なんです。なんか木の匂いがするんですよね。
でも、目からウロコでした~。
近日中に、息子や嫁ちゃんに作ってあげたいと思うくらいでしたよ。

献立表ももいただいて、他にも、美味しいものばっかりで、大満足でした。板長さんありがとう。。

b0187737_0521836.jpg


皆お腹一杯になって、部屋に帰ってお布団に寝転ぶと、いつの間にか誰か鼾かいてます。
やっぱりうちの主人です。もううるさいなぁ~。テレビが聞こえないよ~。
アルコールも頂いて、いい気持ちなんでしょうね。
姉も弟も一眠り。
そして、10時ごろにまた温泉に浸かって、天の橋立ワイナリーで、買ってきた赤ワインで
またまた、酒盛りです。結局、床に着いたのは12時すぎていましたね~。
西国33箇所に扱き付けて、いつもこんなことやってます。すみませ~~~ん。。


明日は、天橋立や伊根の舟屋、三田にある西国33箇所番外の花山院へ行く予定です。
では、また~~。。



b0187737_115052.gif

[PR]

by yuihinarionyuzu | 2009-09-15 01:05 | 西国三十三箇所

西国巡礼二日目。。

6月21日 057.gif


私は枕が換ると眠れないたちなので、旅行に来て眠れることは
少ないのです。
夕べも朝方まで眠れず悶々としていました。
そこのあなた049.gifのようにグーグー眠れないのよ~~。(笑)

雨は一晩中、降っていました。朝起きて窓を開けると、やっぱり雨だ~。


今日は、巡るところが多いので8時過ぎにホテルを出発しました。
一番目は、岐阜の揖斐川町にあります。

そこへ付くまでに、道の駅で野菜や花の苗を買いました。
道の駅って、楽しいですよね。いえいえ私たちは遊びではないと心に
言い聞かせるのですが、心が「ちょっとだけよ~』と誘惑します。
いつも誘惑に負けてしまうのです。ごめんなさい。


買ってきた花苗です。明日にでも植えてあげようと思います。056.gif

b0187737_21271998.jpg


時間がないのに、道の駅で遊んでしまいました~。



西国第三十三番
谷汲山 華厳寺


b0187737_21352436.jpg

会津の住人であった大口大領が地元の文殊菩薩から授かった榎の霊木を持ち、京都に来て仏師に十一面観音像を彫らせた。この仏像を持って会津に帰る途中、この地に来ると仏像が急に重くなり動けなくなったという。

 そのため、大口大領は山中で修行していた豊然上人の助けをかり、延暦17年(798年)に堂を建てこの観音像を祀った。これが華厳寺の創始と伝えられている。


b0187737_21475933.jpgb0187737_21482199.jpg






ここは満願寺ですが、私たちは順番通りに巡っていないので、
先が続きます。
参堂には、お土産物やさんや骨董屋さんが続き、山門まで6丁半と書いてありました。
お参りが終わったのが、12時過ぎていました。

次のお寺は、竹生島にあるので、船の時間があります。先を急がねば・・・・。
船の時間は1時15分。。間に合うか・・・・????

船は出て行く煙は残る・・・・。。。あぁ~残念。
着いたのが1時30分でした~。
だけど、私が調べた時間が間違えていて、12時40分に出港していました。
次は最終便で14時があるとのこと。あぁ~良かった。

b0187737_21583754.jpgb0187737_21594732.jpg

30分足らずの船旅ですが、海は良いですね。
いつの間にか、お日様も顔をのぞかせてくれました。気持ちが良かったです。
鳥たちも整列してお出迎えです。


b0187737_2252950.jpg


いよいよ島に上陸です。
この西国33箇所巡礼は、いつから始まったものか詳しくは知りませんが、
昔の人が、竹生島に渡るのは大変なことだったでしょうね。

西国第三十番
巌金山 宝厳寺



b0187737_22184398.jpg


神亀元年(724年)に聖武天皇の勅願により、行基が竹生島に来島し弁才天像を造り小堂に安置したのがこの寺の創始と伝えられている。

ここの階段は165段ありました。やっとこさ上まであがりハァハア。
汗が頭から流れ落ちるくらいです。今日は蒸し暑いです。

島から、戻る船は15時50分発。
今日は残念ですが、近江八幡と安土町にある、あと2ヶ寺は巡れそうにありません。
このお寺で終わりにします。

お参りする時、私は極楽浄土へお導きください。とだけ願います。
現世のことはお願いしてはいけないと聞いたからです。
でも極楽浄土ってどんなところなんでしょうね。

行ってみたいけど、まだ早いですね。

b0187737_22314146.gif

[PR]

by yuihinarionyuzu | 2009-06-23 14:52 | 西国三十三箇所

久々の西国巡礼。。

6月20日 058.gif

今日は久しぶりの西国巡礼に出発。
朝、家を9時に出発して、目的地は琵琶湖です。
長浜から、船に乗り竹生島にある、宝厳寺に向かう予定でした。

ところが、名神を走っていると、摂津あたりで事故のため、
7K渋滞・・・・。あぁ~ついてない!

少し手前の門真で降り、一般道を走ることに。
今日、明日で七か寺を巡る予定なので、廻る順番を変更。
島に渡るのは、明日にしました。

気を取り直して、まずは、大津にある
西国第十四番
長等山 園城寺(三井寺)


壬申の乱で敗れた弘文天皇の菩提を弔うため、皇子の大友与多王が天武15年(686年)に寺を建立したのが創始と伝えられている。

久しぶりなので、気が引き締まる思いです。
とても大きなお寺でした。

ここで、数珠を忘れてきたことを、思い出し、急遽お寺で
腕にする数珠を買いました。まったく何しにきたんでしょうかね。(すいません!)

b0187737_9173433.jpg


b0187737_9214291.jpg
b0187737_9222149.jpg



とても静かなお寺で、お掃除も行き届いていて、心が洗われるようです。




次は近くにある

西国第十三番
石光山 石山寺

b0187737_2172720.jpg

東大寺の大仏鋳造のための黄金を得るために、聖武天皇は良辨僧正に祈願を命じた。比良明神のお告げに基づき、良辨僧正が石山の霊地で祈願を行ったところ、陸奥の地で黄金が発掘されたという。天平勝宝元年(749年)に良辨僧正はこの地に石山院を設けたといわれており、これが石山寺の創始と伝えられている。


b0187737_2175926.jpg

b0187737_2083584.jpg

ここで昼食は、門前で名物のしじみの釜飯をいただきました。
京のおばんざいも付いていて、美味でございました~。





昼食後、次の札所は

西国第十二番
岩間山 正法寺(岩間寺)


泰澄和尚が女帝元正天皇の厄年の病気を法力で平癒させた褒美として、
養老6年(722年)に勅命により建立されたのがこの寺の創始と伝えられる。

このお寺には、山門がありませんでした。

b0187737_21161737.jpg



後、2ヶ寺廻りたかったのですが、もうすでに2時過ぎです。
今日は、下呂温泉で泊まるつもりで予約してあるので、このまま走ります。

旅館に着いたのは、5時半でした。
お寺巡りも階段が多くて疲れるものです。下呂の温泉にゆっくり浸かって
いい塩梅です。
いつも温泉とセットで、お寺巡りです。私たち夫婦はどちらが主なんでしょうか?
申し訳ないような気がしますが・・・・・。辞められませ~ん。

夜はご馳走でした~。お腹いっぱい頂いて、また太るぅ~~~。。

b0187737_22124538.jpg




食後、小雨の降る中、街へ散歩に。
履きなれない下駄を履いて、足が痛~い。
びっこ引きながらホテルに帰りました~。明日は岐阜のお寺と、また琵琶湖周辺に
戻ります。


b0187737_22115221.jpg



二日目は、また次にね~。






[PR]

by yuihinarionyuzu | 2009-06-21 23:28 | 西国三十三箇所
line

リウマチが発症して13年痛みと何とか付き合いながら、長男家族と三世代同居。孫達と一緒の賑やかな生活を楽しんでいます。


by よしこちゃん
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30