カテゴリ:ヨーロッパロマンティック街道( 6 )


ヨーロッパ(ロマンチック街道8日間の旅)六日目。。

10月9日(金)

今日はモーニングコール5:45分。出発7:20分です。
ホテルはパリのこのホテルに3連泊なので、スーツケースはそのまま。
それは、楽チンなのですが、今からモンサンミッシェルまでの移動が大変です。
片道、早くて4時間、渋滞に巻き込まれれば5時間掛かります。

今日も生憎の曇り空ですが、雨は降っていません。


やはり少し渋滞に巻き込まれて、こちらに着いたのが12時過ぎていました。
先に昼食となります。
モンサンミッシェルのオムレツが有名だそうで、、お昼は、たらのムニエルと
ふわふわオムレツでした。でもあまり味がなくて、みんなお塩をかけていましたね。
b0187737_13233167.jpg


だんだん、かすかにモンサンミッシェルが見えてきました~。
b0187737_1326674.jpg


このモンサンミッシェル修道院は、大天使ミカエルの「この地に建てよ!」との
お告げにより造られ1000年以上も昔から、多くの巡礼者が訪れる
ベネディクト派の修道院です。

ハルちゃんと、バスの運転手さんのツーショット。。
b0187737_13321534.jpg


もう一人の運転手さん。ハンサムボーイでしょ?
b0187737_1333568.jpg


フランスでは、労働基準法が厳しくて、遠距離の時は二人できて、交代で運転するそうです。
こうしてもらうと、お客さんも安心ですね。

いよいよ塔の中の見学です。
b0187737_13363956.jpg


よくまぁ~1000年以上も前に、こんな塔を建てられたな~と感心するばかりです。

塔から見渡した遠景。
b0187737_13392673.jpg


b0187737_13403524.jpg
影絵のように見えました。     おばさんたち、何のお話でしょうね。
b0187737_13405230.jpg

どこへ続くの~~。b0187737_13585093.jpg 


    大天使ミカエル像。
b0187737_1402068.jpg
 b0187737_1425170.jpg
 
b0187737_1435419.jpg
                                                                                      
モンサンミッシェルの観光で、このツアーは最終になりました。

あすは、パリ午後12時20分発の飛行機で、帰国の途につきます。。
今回のツアーの中の最高齢者は、娘さんご夫婦といらしてた、84歳のお婆ちゃんでした。
ユングフラウは登られませんでしたが、他は参加されました。

モンサンミッシェルのキツイ階段、ルーブルやベルサイユ宮殿のめまぐるしさ、
かなりのハードスケジュールだったにもかかわらず、とてもお元気でした。
私もおばあちゃんに負けていられない気持ちで頑張りました。

まだまだ行きたいところは、いっぱ~いあります。
さぁ~次は、どこへ行こう。の夢を持って前進しま~す。

見てくださってありがとうございました~。003.gif
[PR]

by yuihinarionyuzu | 2009-10-19 11:09 | ヨーロッパロマンティック街道

ヨーロッパ(ロマンチック街道8日間の旅)五日目。。

10月8日(木)

夕べ遅くパリに着いたときは、雨でした。
朝起きると、雨は降っていず曇り空です。
今日の出発は9時とゆっくりなので、良く眠ることが出来たし、
体調も問題なさそうです010.gif

バスに乗り、パリ市内の観光です。
今日の案内役さんは、パリ在住歴20数年の日本人紳士さんです。
かなり自己陶酔的な方で、あとで、見学に行くベルサイユ宮殿では
14世になりきって喋ってくださったりと、とても愉快な方でした~。037.gif

とにかくパリには窃盗が多いので、そのことをかなり気にされていて、
なるべく、みんなとくっついて行動して、一番後ろには立たないようにとのことで、
「さぁ~みなさんご一緒で~す。』と言う言葉が耳から離れなくなりました。(笑)

セーヌ川の河岸を走り、ノートルダム寺院やシャンゼリゼ通り、凱旋門、
コンコルド広場と車窓からの見学で、写真もバスの座った場所がよくなくて
あまり写せなかったのですが見てください。。

セーヌ川
b0187737_21512634.jpg


コンコルド広場(オベリスク)
b0187737_21523339.jpg


エッフェル塔
b0187737_21544585.jpg


凱旋門
b0187737_21555546.jpg


シャンゼリゼ通りを歩く人も、颯爽としていてカッコいい053.gif
b0187737_21595747.jpg


真っ赤な二階建てバスも、何故だかこの町には似合うのです。
b0187737_2221421.jpg



車窓見学をしてから、ルーブル美術館へ行きました。

「ミロのビーナス」本物だ~。凄~い。感動。
b0187737_22205173.jpg


「モナリザの微笑」は、フラッシュをたいても取れないように細工してあるとの事。
ガラス張りの中にプロテクトされていました。
もう、ここはやはり人気があって写真も上手く写せな~い。
おばちゃ~ん、邪魔や~。私もおばちゃんでした~。堪忍011.gif
b0187737_22323683.jpg


ラファエロ『聖母子と幼児聖ヨハネ』
b0187737_22331612.jpg


ミケランジェロ『囚われの身、瀕死の奴隷』
今日の案内人さん。お名前忘れてしまいました。ごめんなさい。
b0187737_22344721.jpg


案内人の紳士さんは、「ルーブルをじっくり見るなら、1週間、私と一緒に廻って下さい。」
と仰ってました。本当にそうだと思います。
急ぎ足でしたが、本物の芸術に少しでも触れることが出来、ルーブルに来たんだ~という
気持ちだけで私は満足です。

お昼は、バスを降りレストランまで、パリの街をバックを手で押さえて歩きました。
キョロキョロスリに気をつけろ!!何でやねん。

ハ~イ。エスカルゴでございます。
ハーブとバターで臭みもなく、料理してありましたが、フランス人のレストランの
ウエイターが冗談で、でんでんむし・とか、かたつむりと言ったので、
一変に現実に引き戻され食べる気が萎えてしまいました~。
エスカルゴなら食べれたのに~~、ひどいよね。(笑)

b0187737_2249515.jpg


町にはいろんな人種の人が歩いています。クレープの移動販売車かな?
b0187737_22501534.jpg



午後はベルサイユ宮殿の見学です。

案内人の紳士さんが、ルイ14世、15世になりきってのお話に、盛り上がりました~。
b0187737_2255717.jpg


鏡の回廊
b0187737_22554391.jpg


王室礼拝堂
b0187737_2312058.jpg


マリーアントワネットが出産したベットだそうです?
b0187737_23102327.jpg


美しい庭園
b0187737_2393435.jpg

b0187737_2372344.jpg


夕食はオシャレなレストランで、ビーフブルギニオン(牛肉の赤ワイン煮)
お腹がすいていたので、写真を撮るのも忘れてしまいました~。

夕食の後、パリの美しい夜景を見て、ホテルに帰りました。
エッフェル塔がフランス国旗の色、赤。白。ブルーに照らされて、とても綺麗でした

明日は、朝早くからモンサンミッシェルまでバスで走ります。楽しみ071.gif041.gif
[PR]

by yuihinarionyuzu | 2009-10-18 23:20 | ヨーロッパロマンティック街道

ヨーロッパ(ロマンチック街道8日間の旅)四日目。。

10月7日(木)

今日で、いよいよ旅行もあと半分になりました。
夕べ雨が降っていたので、今朝の天気が気になります。
今日は今回の旅行の中で、もっとも雨が降って欲しくない日だからです。

そうなんです。ユングフラウヨッホに登山列車で登るんです。
雨だと何~にも見えないそうです。

ホホホホホ~~~。は~い晴れ女の私目でございます。
もう真っ青な空、暑すぎるくらいです。

今日の案内役は、インターラーケン在住歴20数年の日本人の千恵子さんです。
この千恵子さんの案内がとても上手で、愉快で往復の約7時間もおかげさまで
楽しいものになりました。

今日はハルちゃんは、私と別行動なんです。
彼女は、行く前からお腹の調子が悪いので、今回の登山のOPションも
申し込むのを断念していました。

総勢40名のツアーですが、登山するのは30名。
私はそれまでに、お友達になったご夫婦や、お一人参加の方と
楽しく過ごせました。

一人残してきたハルちゃんのことも気になっていましたが・・・・。
帰ってから聞いたのですが、ハルちゃんは、行かない人5人で
グリデンワルトという町に列車に乗って出かけたそうです。
牛や馬や羊を放牧しているのどかな町で、お茶をしたりして楽しんだようです。
二人とも楽しめて良かった~。

さあ~いよいよユングフラウ登山に出発です。
案内役の千恵子さんによると、ここ最近でこんな良いお天気は珍しいとのこと、
本当に列車が動き出すと、その景色に魅了されてしまいました。


私達は行きはラウンターブルネン駅から乗り、帰りはグリンデルワルド駅で降りました。
(画像はお借りしました。)
b0187737_22435650.jpg


b0187737_21431889.jpg

b0187737_21434844.jpg


b0187737_21483011.jpg


b0187737_2149455.jpg

b0187737_22111263.jpg


乗り換えの駅で記念撮影。。
b0187737_22311678.jpg


アレッチ氷河。
b0187737_22114023.jpg


途中5分停車の駅で、駅員さんと。。。この方のお腹周りには私も負けました~011.gif
b0187737_2212730.jpg


展望台からの眺め。素晴らしくて興奮気味です。
b0187737_2341495.jpg



b0187737_22125636.jpg


展望台から外に出て、雪をふみしめました。私も登頂成功。イェ~イ003.gif041.gif
b0187737_22131591.jpg


ユングフラウヨッホ駅3454m・トップオブヨーロッパ。世界一高い場所にあるポストです。
そこから、息子家族達に絵葉書を書いて投函してみました。
b0187737_22132922.jpg


もう絵葉書のように美しくて。
b0187737_2393842.jpg


こうして夢の半日が終わりました。
さぁ~、今からジュネーブまでバスに乗り、そこから新幹線で
いよいよ花の都パリでございま~す。

新幹線を待ち受けていたのですが、上手く撮れなかったです。
b0187737_2250512.jpg

でも、日本の新幹線の方が、乗り心地は良いかと思われます。(報告終わり)

この日は、深夜にパリ到着でした~。
朝も5時半起きだったので、さすがに疲れました~。
では、おやすみなさい。
[PR]

by yuihinarionyuzu | 2009-10-17 21:43 | ヨーロッパロマンティック街道

ヨーロッパ(ロマンチック街道8日間の旅)三日目。。

10月6日(火)


今日も爽やかな朝を迎えました058.gif

ゆうべ、ライトアップで見たホーエンシュバンガウ城の朝景です。
b0187737_22413531.jpg

このお城は今から見学するノイシュバンシュタイン城の主、ルードヴィヒ二世が
幼少のころ過ごしたお城です。


こちらは日本より寒いと聞いていましたが、なんのなんの
お昼間は半袖でも良いくらいです。
ハルちゃんは厚手の服を多めに用意してきたので、何でこんなに暑いの?と・・・・。
私は、半そでや薄手のもの持ってきていたので、助かりました~。
その代わりスーツケースが重い~~~037.gif

今から、ノイシュバンシュタイン城の見学です。
乗り合いのバスに乗って山を登ります。
JTBと阪急トラピックスの日本人のツアー客ばかりでした~。(笑)

このお城はルードヴィヒ二世が建てたお城です。
彼は生涯独身でワーグナーのパトロンとしても有名だそうです。

しかし、あまりにもワーグナーに傾倒して沢山の劇場を作り、幾つものお城を作り
莫大なお金を浪費したので国民の反感を買ったそうです。
彼の死は溺死だそうですが、自殺か他殺か未だに解明されていません。
でもこの白亜のお城はヨーロッパ中で一番美しいと言われています。
別名『白鳥城』とも呼ばれています。

b0187737_22465984.jpg


b0187737_22533057.jpg


b0187737_2254924.jpg


この後、早めの昼食をとりました。
メニューは、ワイン一杯付きでソーセージ各種でした。
私にはこのソーセージは、塩辛くて少ししか食べれませんでした。
こちらは寒い国なので、塩辛いものを好んで食べられるそうです008.gif

b0187737_23103545.jpg




次はヴィース教会に行きました。

b0187737_2394886.jpg


1738年、ある農家の夫人がシュタインガーデン修道院の修道士が彫った
「鞭打たれるキリスト」の木像が納屋にほこりを被ったまま置かれているので
哀れに思い、もらい受けたところ、6月14日このキリストの像が涙を流したという。
教会ではこれを奇跡とは認定しなかったが、この噂は「ヴィースの涙の奇跡」として広まり、
巡礼者が農家に集まるようになった。
1740年には牧草地の小さな礼拝堂に移したが、巡礼者は増える一方であった。
そこでシュタインガーデン修道院が先頭に立ち、一般からの浄財を募るなどして
建設資金を捻出し、1746年から建造されたのがこの教会である。

外観は牧場の中に建つ何の変哲もない教会だが、ロココ様式の内部の装飾は
ヨーロッパ随一と言われており、特にその天井画は「天から降ってきた宝石」とも
讃えられている。1983年、世界遺産に登録されている。

本当に何の変哲もない教会ですが、中に入るとその色彩の優美さ豪華絢爛さに驚きました。
中央下段にある像が鞭打たれるキリスト像です。

b0187737_10175190.jpg




これからインターラーケンまでの641kmをバスで走ります。
途中の休憩所でこんな物が売っていました。

b0187737_10191879.jpg

こちららしい風景ですよね。
このたくさんんのかぼちゃの中から、どれにしようかと?選んで買うんですね。
日本では、まだハロゥインの風習は、なかなか定着しないようですが・・・・。



インターラーケンのレストランに到着したのは9時前でした。

遅い夕食は、チーズホンデュとオイルホンデュです。
いろんな種類のソースにつけていただきます。
b0187737_23233849.jpg

b0187737_23235599.jpg


店のオーナーは、知ってる限りの日本語で大サービス。
おおきに・ありがと・美味しいよ~・etc・・・・。

最後に長いホルーンを吹いてくれました~。旅の思い出になりました~053.gif
b0187737_23241640.jpg


レストランをでると、小雨が・・・・・。
明日はユングフラウの登山列車に乗って、頂上まで行くのに・・・・007.gif
天気になりますように。。


こんばん泊るホテルはAグレードということでしたが、古いばかりで
お世辞にも良いとはいえなかったです。
シャワーの調節が難しくて、私が入った時は熱湯、ハルちゃんの時は
水しか出なくて、もうブーイングです。
JTBさん、これでAグレードはだめよ~~。

見た目はよかったのですが・・・・・・。
b0187737_23334510.jpg



明日はユングフラウヨッホです。
7時半出発なので、おやすみなさ~い。006.gif
[PR]

by yuihinarionyuzu | 2009-10-16 22:50 | ヨーロッパロマンティック街道

ヨーロッパ(ロマンチック街道8日間の旅)二日目。。

10月5日(月)

昨日の夜、睡眠剤を服用したので、今日の目覚めはすっきりです。
今日は、ハイデルブルグ城と昼からはローテンブルグの町を見学します。

まず、ハイデルベルグ城でございま~す。

14世紀のはじめにプファルツ選帝候によってネッカー川を見下ろす丘の上に
建てられたのですが、17世紀の30年戦争で爆破され廃墟となり、現在に至るまで
そのままの姿を残しているそうです。
私は事前知識もなく来たので、お城といえば綺麗なものを想像していましたが、
廃墟と化したお城を見て、少し驚きました。


この城のテラスから見下ろす、レンガ色一色のハイデルベルクの街並みや
ネッカー川にかかる「カール・テオドール橋」が一望でき、これまた絶景でした。
この景色をみて、あぁ~ヨーロッパに来たんだな~という、実感が湧きました~。

エリザベート門でハルちゃんと・・・・。
b0187737_1843426.jpg


フリードリッヒ館
b0187737_1931364.jpg


もう一つ感心したことは、今でもこの廃墟と化したお城の修復が行われていることです。
文化を大切にする、この国の心意気に乾杯!
b0187737_1824425.jpg


テラスから見た、カール・テオドール橋
  本当に素晴らしい景色でした。
b0187737_1965372.jpg


町で見かけたお気に入りの写真で~す。
b0187737_1911670.jpg

b0187737_19115829.jpg


b0187737_19423379.jpg

b0187737_19425488.jpg




b0187737_19433425.jpg





b0187737_19435072.jpg










お昼からは城壁に囲まれた町、ローテンブルグの観光のため、
バスに乗り2時間以上掛かったと思います。
途中にレストランで昼食です。
飲み物のオーダーも・・・。「ワインをお願いしま~す。」
こちらへ来て思ったのは、結構 物価が高いことです。
フランクフルト空港で買った、ペットボトルの水は3.5ユーロ(約476円)・・・。びっくり!
こちらでは、日本で当たり前の水のサービスもありません。
ワインの方が安い時もあるんですよ。それなら、ワインを飲まなきゃねぇ。

今日の昼食は、白身魚のカツでした~。
ジャガイモも美味しくて、ワインも最高~~。
「昼からようやるわ!」と主人の声が聞こえてきそうです。

b0187737_20193477.jpg


ローテンブルグの町は、全ドイツで、最も中世都市の姿を残している町だと言われています。
私は一目でこの町の虜になりました。

カルゲン門の外から。
b0187737_21503573.jpg



三角の赤い屋根。窓辺の色とりどりのゼラニュウム。どれをとっても素敵です。

b0187737_21511543.jpg



なんてオシャレなんでしょう。
夜ともなると、ここでビールを酌み交わすことでしょう。

b0187737_21521798.jpg



東側から見たヴァィサー塔

b0187737_21563717.jpg



路行く馬車も絵になります。

b0187737_2159272.jpg



b0187737_2273439.jpgb0187737_2274781.jpg

b0187737_2284030.jpg



修復中の聖ヤコブ教会。
b0187737_2211836.jpg


市庁舎
b0187737_22131710.jpg


見所満載のローテンブルグを後にして、ロマンチック街道をドライブして、
ホーエンシュバンガウへ向かいます。

夕食はホテルのレストランで、ドイツビール一杯付き。嬉しい~~。
もちろん、ここでもワインを頂きました~。

メニューは鶏肉のソテーです。
b0187737_22201673.jpg


ホテルのお部屋
b0187737_22222158.jpg
b0187737_22225999.jpg



そして、ホテルの目の前には、ホーエンシュバンガウ城の夜景が。
b0187737_2226518.jpg



今日も一日強行軍でしたが、憧れのローテンブルグ観光で疲れ知らずです。
まだまだお見せしたい写真はいっぱいありますが、今日はこの辺にして、
明日はノインシュバンシュタイン城へ参りま~す。
[PR]

by yuihinarionyuzu | 2009-10-14 18:43 | ヨーロッパロマンティック街道

ヨーロッパ(ロマンチック街道8日間の旅)一日目。。

10月4日(日)

いよいよ今日は、待ちに待ったヨーロッパへ出発です。
JTBのドイツ・スイス・フランス まる得ヨーロッパ3ヵ国周遊8日間のコースです。
朝、9時に関空に集合なので、7時半に主人がアッシーくんになってくれて、
関空へ車で向かいます。
一緒に行くハルちゃんも,娘さんに我が家まで送ってもらい、同乗で飛行場へ。

今日は最高のお天気で、12:30分、飛行機もスムーズに関空を飛び立ってくれました。
さ~今日から8日間、楽しんできま~す。    相棒のハルちゃん宜しくね。 

関空をAM11:00に出発。飛行機はフィンランド航空機です。
15:10、ヘルシンキ着。
ヘルシンキの空港はセキュリーティー検査が厳しいと聞いていましたが、
私が検査の機械通ると、ビーと鳴って、赤い点滅がグルグルぎぇ~。

「私は決して怪しいものではありませ~ん。」と言いたいけど、こんな時,言葉が通じないのは
悲しいね~。

すぐに女性の係官が、私の全身をくまなくボディーチェック。ほんと男性ならセクハラだよ
結局、何が原因で鳴ったのか不明で、通してもらえました。
あぁ~この先が思いやられるぅ~。

生憎、ヘルシンキ空港は雨。でも虹が見えたんです。
よ~し。これで、さっきのことは帳消しだ~。

b0187737_22401468.jpg


ここから飛行機をを乗り継ぎ、フランクフルトへ飛びます。飛びま~す。
直行便なら、楽だけど・・・・、何せお安いツアーなのでね

フランクフルト着は18:40分。飛行機の中で、腕時計の時間も7時間遅れさせました。
時差があるので、日本時間ならすでに夜中の1時40分です。


フランクフルトの空港からハイデルベルグのホテルまで、約40分。
ホテルはLEONARDO・・・・・。お部屋はこんな感じです。


b0187737_19125824.jpg


この日は、機内食の夕食が出たので、レストランでの夕食はありませんが、
ハロウィンの飾り付けがしてあったので、撮影させていただきました。素敵~~。


b0187737_22435411.jpg


b0187737_22323414.jpg


長い一日で、時差もあり何だか変で~す。
明日は、ハイデルべルグ城や市街。ローデンブルグの町を尋ねる予定です
056.gif
[PR]

by yuihinarionyuzu | 2009-10-13 23:45 | ヨーロッパロマンティック街道
line

リウマチが発症して13年痛みと何とか付き合いながら、長男家族と三世代同居。孫達と一緒の賑やかな生活を楽しんでいます。


by よしこちゃん
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31